ブログ

2018年2月1日(木)

1月27日のワイン会はシャンボルミュジニの魅力に迫ったはずだった。

 

事の発端はメンバーのAさんが何度説明してもシャンボルミュジニと覚えてくれず、

 

頑なに「ミュジニ」を連呼するので、本当に前に何もつかない、

 

それも名手クレールダユの本物を登場させることになった。

 

ただこのワインだけでも¥250000、ドキドキである。

 

つまみの準備も完了し、いつものシャンパーニュでスタート。

 

これは我が家のスタンダードで輸出用ではないものを蔵から直接買い付けたので、

 

鮮度は抜群だ。その鮮度がどのくらいの物かカーミットリンチ風に言えば、

 

 

「水の中で水中めがねを差し出され、急に視界が開けくっきり見えるようになった」

 

 

感じ。

 

まるで8kテレビを初めて見た時のようで、初めての人は味の際立ちに驚く。

 

 

業界関係者でもこの味を知るものは少ないかもしれない。

 

 

次はラフェ一族のワインだが蔵の情報がないので味わいだけで色々探る、

 

 

これがまた楽しい。

 

続く’85マグナムは先月忘年会で開けたので参加メンバーは知っている味のはずだ

 

 

 

が、今回の全部デカンタージュをした円やかさと最後まで続いた甘みには

 

 

驚いたと思う。

そしていよいよこれを「とり」にしても文句が出ないレベルの

 

レザムルーズ’83の登場。今が絶頂のピークで火の打ちどころなし、

 

といった状態。まるで孔雀が優雅に羽を広げた見事さ、

 

所謂ピーコックテールを見せられたようで、円やかさ、透き通った香り

 

そして何処までも続く甘み、なかなかブルゴーニュワインを飲んで

 

ここまで美味しいのは御目にかかれないのではないか?そんな出来栄え。

 

そのあとの’66、そしてとりのミュジニと続いたのだが、

 

あまりの出来栄えに皆でAさんに感謝したはずだ(たぶん、心の中で)。

 

やはり何もついていないミュジニは最強だった。飲み進んで6本目、ということは

 

他のワインの育ち方を一同確認しながらここまで来たわけである。

 

当然年代の熟成具合を体験してきたはずなのに、矛盾した味と出会う。

 

42歳になっているのに若さの象徴の「渋み」がたっぷりとある。

 

それにものすごく力強い。ブルゴーニュワインの中で一番軽やかで

 

チャーミングなはずがちょっと違う。そのためスプーンで一口くらいの量

 

 

をグラスに注いでも入りきれないスケール感。

 

 

前回のリシュブールの素晴らしさを経験して、怖いもの知らずになっていたはずの

 

 

メンバー一同が驚愕する。逆にこれが1本¥250000だと安く感じる味だ。

 

 

 

しかし私の一番のお気に入りは’83レザムルーズでもこの最強の1本でもなく

 

 

50歳を過ぎているのに軽やかでチャーミングで優しく微笑んでくれた、

 

 

’66のシャンボルミュジニだった。

 

 

これは無名で(私が知らないだけ)ラベルも良く見ずに開けたのだが、

 

 

香りが一番魅力的で「はぁ~」と声が出てしまった。

 

 

皆それぞれに宝物を見つけた「飲む歴史遺産の旅」、収穫が多かったようだ。

 

トマトをマリネしたドレッシングで合えたサラダ、天然紅鮭マリネ、

ほっき貝のワイン蒸し、ほたてスモークバジルソース、フォアグラムース

鶏のオレンジソース

本マグロヅケ、ボタンエビ、クエ(九絵)の寿司

デセール ジャマン特製 ノワゼットのプラリネが入ったガトー

クリアスペース
2017年11月10日(金)

ネットで安く売っているのに「なぜお宅のワインはそんなに高いの?」と、

 

よく聞かれるのでこのように説明している。

 

「ワインは瓶に入ったお刺身」なので空輸して定温冷蔵庫で保管しています。

 

その保管料が年間¥500で、20年物だと¥10000になり、

 

それにワイン代が加わるので、20年物のワインは¥10000以上になって

 

しまいます、と。

 

船で運んで、出しっぱなしにすれば(温度管理しなければ)

 

安く売れる。が、全然美味しくないし、感動が無いのは、

 

何の為に飲むのか自分にはわからないので、しない。

 

だれかの誕生日だったり、何かの節目を思い起こしながら楽しむ予定が

 

肝心のワインが不味ければ台無しになってしまうはずだ。

 

このように経費をかけてまで飲んでもらいたいワインを扱っていると言うと、

 

変人扱いされてしまう。(勿論、変人で結構であるが)

 

先日もうちで¥35000の1973年のワイン(写真左端)が

 

高すぎるというクレームが来た。ネゴシアン物とはいえ、

 

コルトンシャルルマーニュだというのに。

 

モンラッシェと双璧をなす白の最高峰と言われているが、

 

有名だけど「美味しかった」という声をあまり聞かない、

 

という事でも有名な代物だ。

 

何故ならば、このワインはミネラルが多すぎるために熟成が遅く、

 

更に、風通しの良い丘の畑なのでモンラッシェのように貴腐菌が付きにくい。

 

ロマネコンティのモンラッシェだけは例外で、円やかさを出すのに

 

たっぷりと貴腐ぶどうを入れて造るようだが、

 

それでも2,30年で飲んでもまだ早いようだ。

 

そのモンラッシェよりもさらに貴腐菌が付きにくい

 

このワインがまったりと熟成してこなれてくるのには、

 

もっと時間がかかる。更に、嫌がらせ?と思われるほど

 

抜栓して1週間以上待たないと味と香りがしてこない。

 

それでも、この面倒なことをするだけの価値のあるワインなのだが、

 

クレームの話に戻るが、一度ネットより高いと思い不信感が募ると、

 

こちらの説明は頭に入らないし、まして飲み方などワインの特徴など

 

気にも止めなくなり、さらにグラスにまで遠く考えが及ばない。

 

最高と思われえるものを提案してもなかなか理解してもらえないのは、

 

信用がないことのあらわれだろう。

 

最近は常温で店先に並べておいても安心(売っている方の気休め)

 

なように、ビタミンCなど保存料的な物の添加も認められるようになったようで、

 

飲んで美味しい為でなく、売っている方が美味しい(儲かる)ことを

 

益々優先しているわけで、味を優先してコストをかけている

 

こちらの「負け」のようだ。

 

 

クリアスペース
2017年9月23日(土)

このワインを「美味しくていつも飲んでいる」という人がいたら会ってみたいと

 

長い事思っていた。というのも、普通に前日に抜栓し飲む時間に合わせて温度を

 

15度以上に上げて行くと、途端に味のバランスが崩れ「不味くなる」。

 

写真のような最高のロブマイヤーグラスをもってしてもだ。

 

きっと外れを引いてしまったと思っていたが、先日偶然にこの謎が解けた。

 

というのもセラーから出してすぐに飲んだら「美味かった」からだ。

 

なぜか?と考えると、色は赤だが味が白ワインだったから、

 

セラーから出したばかりの10度で美味しく感じたのだ。

 

この地区コートシャロネーズの特徴だったのに長い事気づかずに、

 

同じ出身のメルキュレを飲んだ時も全然美味しく感じられずにいた。

 

勿論温度が低くて美味いという事は、20度くらいまで温度を

 

上げて飲むヴォーヌロマネやシャンベルタンのような目のくらむような

 

妖しい香りに包まれるという事は無く余韻も短い。が、それを

 

埋め合わせて余りあるような違う魅力がある。それは、

 

チャキチャキで小柄な日本女性が細部に気遣い面倒をみてくれるようで、

 

また別の言い方をすれば、箱庭を俯瞰した時のような可憐で緻密な

 

完成度がそこにある。

 

必ず大柄でヴォリュームがあるのが良いというわけでないことを教えてくれる。

 

でも今の時流ではこのようなチャーミングさは評価されないだろう。

 

だからこの地区のワインはいつも安いのはもったいないことだ。

 

ワインの香りが良いのに味が良くないのは、酸化が不十分か温度が

 

低すぎ(これが多い)か、逆に今回のように高すぎという事が考えられる。

 

何れにしても、すぐに結論を出さずに(捨てずに)経過を観察し

 

試行錯誤してみるのもいいかもしれない。そうすればこの梅の様な

 

すっきりした酸味を、優しくいたわるようなアンズの甘みが、

 

とても爽やかで切れ味のいい後味を届けてくれる。

 

もちろん甘みと共にピノノワールのチャーミングな香りも広がる。

 

鬱陶しい気候が続いているこの頃に飲むには最適で、先日はこれに

 

酒蒸しタコと梅醤油を合わせた(梅の酸味を酒で薄め味醂で甘みを加えたもの)。

 

甘酸っぱいタコの後味を心地よく流してくれるのは、やはりこのような

 

甘酸っぱくのどを冷たく通る爽やかさが似合ったようだ。客人たちも

 

意外なマリアージュに目を丸くした後、美味しさで目が細くなっていた。

 

人を幸せにするのはある意味簡単かもしれない。

 

それは、美味しい飲み物と料理を用意すればいいのだから。

 

でもそれが難しい。

 

 

クリアスペース

PAGE TOP