2017年6月29日(木)

双子や三つ子のようにそろって生まれても背の高さが全く同じというのは稀だろう。

ワインの液面も全部が揃って同じというのはありえない。熟成と共に目減りし、

それぞれ違うのが当たり前だ。

 

この写真の蔵出し、空輸のヴォルネも無作為にケースから5本選び並べてみたが

 

液面の高さがそれぞれ違う。

この当たり前の事実を理解できないプロが日本には多いらしい。

 

先日あるインポーターさんから聞いた話だと、

 

「液面3cm以上は返品」と決めている飲食店もあるようだ。

 

またリリースして20年以内のグランヴァンをリコルクして

 

目減り分を増やしてもらうというのも聞いたことがある。

 

ワインを工業製品と考えてるのかもしれない。だから

 

年を重ねて自然の目減りがあるのは、(質問されても飲んだことがないし)

 

売りたくないようだ。その結果、

 

発売されて5年以内のラベルもきれいで目減りもない、

 

しかし全く飲み頃になっていない高得点のワインの流通を促進させてしまっている。

 

もっと教科書に書いてあることとは別に、世界で常識とされていることを学ばないと

 

魂が揺さぶられ、心が感動で震えるワイン達は消えて行ってしまう。

 

 

クリアスペース
2017年6月10日(土)

     この頃フォローしている方のブログが、

私の意見と真逆なことが書いてあり、

驚いてしまった。それは、寿司にワインは合わない、

ピノノワールもカベルネもシャルドネもダメだというものだ。

合わないとういうのは、どのようなワインを

どのようなグラスで飲んだのか? その情報もないので勝手な推測だが

造られて5年以内のアルコール度数13度以上の物を、ボルドーグラスで

冷やし気味に飲んで、飲み終わってから寿司を食べたのではないか?

食べてから飲む、これが基本だがプロでも飲む順番が違う人が多い。

私なら、造られてから20年以上、出来ればこの’78年のような物をブルゴーニュグラスに

指2本分位注ぎ、寿司を食べてからゆっくりワインを飲む。

これで合わないと感じるのであれば、「〇〇〇〇だ」。

合わないはずがない、絶対に。その筆者はシャンパーニュやリースリング、

ヴィオニエを勧めているが(ダメではないが)ただ無難なだけで、

心が震えるようなペアリングはないだろう。

白で何か1種類と言われれば、辛口から甘口まで造る懐の深いシュナンブランの

「トゥーレーヌ」がお勧め。

 

赤は、30年以上経ったボルドー、ブルゴーニュ、それも

クリュボジョレが財布にも優しくてお勧めだ。いずれのワインも前日に抜栓し、

赤は最低20度で、然るべきグラスをきちんと選び、指2本分注いで

味わうのは常識だと思うがいかがだろうか?

クリアスペース

PAGE TOP