2016年10月20日(木)

 

リシュブールというワインがある。飲んだことが無くとも聞いたことはあるかも知れない。

噂によると、昨年のランキングで世界一高いワインになったらしい。

きっとそれはあのワインの神様、アンリジャイエのものだろう。でもこのリシュブールは

1種類だけでなく色々なメーカーが作っている。ビン詰だけしている目利きもいて

探す楽しみは尽きない。写真の右端は、まさに瓶詰だけしているメーカーのもので、

星付きのレストラン(トロワグロ等)や豪華客船にだけ納められていたので、

知名度が低く知る人ぞ知る名品だ。その隣も日本よりアメリカで有名な、

凄い作り手の物。そして左端が、今回の目玉。あのロマネコンテイの元共同経営者の

ルロワのリシュブールの中身はこれ。ルロワがロマネコンテイに来た客を

自分の家に連れて行き、このリシュブールを飲ませて「これの方が旨い」と

やったものだから、アメリカでは今でもルロワのほうがロマネコンテイより人気がある。

下請けをしつつ、自分でも売っていたらどちらに良いものを入れるだろう?

戦争を経験したうちの先代は怖い物知らずで、相場が急騰して逆ザヤになっても

涼しい顔でいつもの値段で売っていた、「ちょっとの辛抱だ」と言いながら。

このノエラはどうだろう。うちのお人よしの親父の様ではなく、たぶん

フランス人特有の強かさで、自分のボトルに良いものを詰めていたと思う。

きっとそうだ、フランス人だもの。

来月のワイン会で皆で確認することにしよう。

クリアスペース

PAGE TOP