2016年4月21日(木)

 

最高に美味しいワインはロマネコンティではなくリシュブールと言う人が多い。

ロマネコンテイに来た客を帰りに自分の家に連れてきて、

自分のリシュブールを飲ませ、このワインの方が美味しいと言って憚らないのが、

共同経営者だったルロワ。そのような営業努力もあり、アメリカではルロワの

リシュブールの方が人気があるようだ。しかし上には上がいて、

知名度が低く忘れられつつある中にキラリと光るものがある。

この3本はそれぞれ美味しいのだが、

左端は有名なロマネコンティで、あのルロワが共同経営に入る前の

最後の桶売りを瓶詰したもの。肩に貼ってあるはずのラベルが無く

皆が偽物か?と疑ったが、一番へたくそな造り手でテデュレールというらしい。

しかし、飲んだ当日は抜栓後4時間以上も楽しませてくれた。

次は、一時代を築いたジャングロのもので

これもロマネコンテイを凌ぐと言われているもの。

そして、同じシャルルでもノエラではなくダークホースのシャルルヴィエノ。

以前ワイン会でリシュブールを飲み比べることにしたのだが、

 

 

これら6本のうち一番旨かったのがシャルルヴィエノ。

圧倒的なバラの香りと胸の奥からとろけてしまうような味わい。

これを始めに味わってしまったので、他のワインは皆霞んでしまった。

有名なルロワの’88以前のリシュブールの中身はシャルルノエラのものだった。

自分のラベルで出すものと他人のラベルが貼られるものとどちらに美味しいワインを

入れるだろうか?もちろん自分のラベルに決まっているが、それを軽く上回ったのが

黒いラベルのシャルルヴィエノ。

ワイン会のメンバー達も最初からこれが出たので、面食らったと思う。

ローヌの銘酒を密かにブレンドしていたのは公然の秘密だが、

ロマネコンテイを負かす美味しさの前にはすべてを許される気がする。

ただ、この圧倒的な魅力は誰にも気付かれることなく消えてゆく。

クリアスペース

PAGE TOP