2016年1月22日(金)

 

1本¥1000位のワインでも、アメリカの偉い人が90点を付けることがある。

あの「飲む宝石」ロマネコンテイと同じ高得点だ。でも両者は全く別物で

同じ90点が付いただけ。ただ困ったことにネットなどで売り出すときは、

「あのロマネコンテイと同じ90点ワイン」と大々的に宣伝する。

確かに¥1000としては美味しいが、1本¥1000000以上のロマネコンテイには

1000回以上飲んでも味は追いつかない。ワインの世界だけでなく他にも

分かりにくいものが多く、お寿司のサーモン(鮭でなく養殖ニジマス)、

縁側(普通は平目だがアブラカレイ)等。安くて良いものがないはずなのに、

安くて良いものがある、「それはこれだ!」と言わんばかりの紛い物が

大手を振って歩いている。だから皆もそんなものかと思ってしまう。でも

よく考えれば分かることで、¥1000円のワインがロマネコンテイと同じはずはないし、

天然の鮭がサーモンと同じくらい脂が乗っていたら、また天然平目の縁側を握ったら

1個¥2000以上になってしまう。どちらが先かは分からないが、

「安くないと売れない」または「市場を独占しよう」という販売者の思い込みや、

「一円でも安く買いたい」というありえない値段を追い求める消費者も

そろそろ考えを改める時だと思う、事故に遭う前に。

写真の物は偽物ではなく、ルロワが引き継ぐ前のネゴシアン

テデュレールのロマネコンティ。

一番下手な瓶詰業者と言わたが、とても美味しかった。

クリアスペース

PAGE TOP