2015年10月21日(水)

 

ワインの味は生鮮ものと同じで、鮮度で決まりまる。つまり、生産者から

出来るだけ早く温度変化や振動によるストレスを与えずに輸入することにかかっている。

その為には生産地の気候が涼しく(20度以下)輸送の連絡がスムーズに行くようにし、

空輸するに限る。冷蔵コンテナで運ぶのをうたい文句にしても、そのコンテナに入れる

前後はどうなのか、また毎日船で揺られることがワインにメリットがあるのか?と考えると

答えは明白。

 

 

これらのワインは、生産者から直接またはボルドー物はネゴシアンから直接買い付け

空輸されてきた逸品だ。30年以上経っても色あせることなく、

「まだ楽しみはこれからだよ」と教えてくれる。

 


製造から5年、長くて10年以内に飲んで楽しめる物も世の中には多いが、

30年以上熟成し、ぶどう以外の生育環境由来の味わいが出てきた状態、

このワインが造られたころの表現で言えば「中年の魅力」というものを感じられ、

今から絶頂期を迎えるワインが楽しめる。

クリアスペース

PAGE TOP