2017年11月10日(金)
ワインの値段

ネットで安く売っているのに「なぜお宅のワインはそんなに高いの?」と、

 

よく聞かれるのでこのように説明している。

 

「ワインは瓶に入ったお刺身」なので空輸して定温冷蔵庫で保管しています。

 

その保管料が年間¥500で、20年物だと¥10000になり、

 

それにワイン代が加わるので、20年物のワインは¥10000以上になって

 

しまいます、と。

 

船で運んで、出しっぱなしにすれば(温度管理しなければ)

 

安く売れる。が、全然美味しくないし、感動が無いのは、

 

何の為に飲むのか自分にはわからないので、しない。

 

だれかの誕生日だったり、何かの節目を思い起こしながら楽しむ予定が

 

肝心のワインが不味ければ台無しになってしまうはずだ。

 

このように経費をかけてまで飲んでもらいたいワインを扱っていると言うと、

 

変人扱いされてしまう。(勿論、変人で結構であるが)

 

先日もうちで¥35000の1973年のワイン(写真左端)が

 

高すぎるというクレームが来た。ネゴシアン物とはいえ、

 

コルトンシャルルマーニュだというのに。

 

モンラッシェと双璧をなす白の最高峰と言われているが、

 

有名だけど「美味しかった」という声をあまり聞かない、

 

という事でも有名な代物だ。

 

何故ならば、このワインはミネラルが多すぎるために熟成が遅く、

 

更に、風通しの良い丘の畑なのでモンラッシェのように貴腐菌が付きにくい。

 

ロマネコンティのモンラッシェだけは例外で、円やかさを出すのに

 

たっぷりと貴腐ぶどうを入れて造るようだが、

 

それでも2,30年で飲んでもまだ早いようだ。

 

そのモンラッシェよりもさらに貴腐菌が付きにくい

 

このワインがまったりと熟成してこなれてくるのには、

 

もっと時間がかかる。更に、嫌がらせ?と思われるほど

 

抜栓して1週間以上待たないと味と香りがしてこない。

 

それでも、この面倒なことをするだけの価値のあるワインなのだが、

 

クレームの話に戻るが、一度ネットより高いと思い不信感が募ると、

 

こちらの説明は頭に入らないし、まして飲み方などワインの特徴など

 

気にも止めなくなり、さらにグラスにまで遠く考えが及ばない。

 

最高と思われえるものを提案してもなかなか理解してもらえないのは、

 

信用がないことのあらわれだろう。

 

最近は常温で店先に並べておいても安心(売っている方の気休め)

 

なように、ビタミンCなど保存料的な物の添加も認められるようになったようで、

 

飲んで美味しい為でなく、売っている方が美味しい(儲かる)ことを

 

益々優先しているわけで、味を優先してコストをかけている

 

こちらの「負け」のようだ。

 

 

« »

PAGE TOP