2017年8月4日(金)
やっぱり寿司にワインは良く合う

昨日の納涼会で、ゲストのAさんが「寿司にワインが合わないと思っていたが、これは良く合いますね」と驚いていた。たぶん寿司の完成度(魚の鮮度を含めた)、ワインの状態(蔵出し空輸前日抜栓)、適切なグラス選択(シャルドネ、シュナンブランはブルゴーニュグラス)この3拍子揃ったので美味しい相性だったのだろうと。普通は寿司の完成度が高くとも、ワインのコンディションが悪かったり、あるいは二つ揃ってもグラスの選択が間違っていてワインの良さが引き出せない、という事もよくあるらしい。そのようなことを考えれば、こちらは酒と肴(ワインと魚)の専門なので一般とは違うレベルで両方楽しめるようで、特別だと褒めてもらえ嬉しい限りである。堅苦しいマリアージュの話を持ち出さなくとも、同じ持ち味の者同士引き合うのは当たり前で、甘酸っぱい寿司に甘酸っぱいワインは良く合うのである。

« »

PAGE TOP