2017年6月29日(木)
ワインの液面

双子や三つ子のようにそろって生まれても背の高さが全く同じというのは稀だろう。

ワインの液面も全部が揃って同じというのはありえない。熟成と共に目減りし、

それぞれ違うのが当たり前だ。

 

この写真の蔵出し、空輸のヴォルネも無作為にケースから5本選び並べてみたが

 

液面の高さがそれぞれ違う。

この当たり前の事実を理解できないプロが日本には多いらしい。

 

先日あるインポーターさんから聞いた話だと、

 

「液面3cm以上は返品」と決めている飲食店もあるようだ。

 

またリリースして20年以内のグランヴァンをリコルクして

 

目減り分を増やしてもらうというのも聞いたことがある。

 

ワインを工業製品と考えてるのかもしれない。だから

 

年を重ねて自然の目減りがあるのは、(質問されても飲んだことがないし)

 

売りたくないようだ。その結果、

 

発売されて5年以内のラベルもきれいで目減りもない、

 

しかし全く飲み頃になっていない高得点のワインの流通を促進させてしまっている。

 

もっと教科書に書いてあることとは別に、世界で常識とされていることを学ばないと

 

魂が揺さぶられ、心が感動で震えるワイン達は消えて行ってしまう。

 

 

« »

PAGE TOP