2017年3月4日(土)

 

ワインを美味しく飲むために、つまみになるものをいつも考えている。

それも、皆が簡単に思いつかない物や珍しい組み合わせ(マリアージュ)だが、先ほど目にした記事にはとても興味深いことが書いてあった。

それは、チョコレートとデザートワインの事で、普通はデザートワインより甘いものを選ばないことが暗黙の了解のはずだが、その逆の事が書いてあった。

セオリー通りだと、飲み物が食べ物に勝ってしまうというのだ。

それなら何のために甘いワインを選ぶのか?

チョコレートを美味しく食べる為だけならお茶かコーヒーでいいだろう。

最初にチョコレートを食べてブランデーなどの蒸留酒をなめるように飲み、それをお茶かコーヒーで流し込んだ方が、純粋にチョコレートの旨さが分かるだろう。

ただそれをしないのには、チョコレートに隠れていた酸味や苦みがデザートワインの旨味をより引き出してくれることを、そしてその方が美味いことを先人たちが知っていたからだ。

いくら熟成が進んだなめらかなデザートワインでも、デザートが甘すぎたらワインの味が消えてしまう、あるいは消えたほうが良いと思って書いたのかもしれない。

普通のペアリング(食べ合わせ)でも、最初に食べ物を口にしてからワインを飲む、この順番を間違えなければ素敵な食事を楽しめると思う。

あの記事を読まれた方は、デザートワインの名誉のためにも、十分に注意して楽しまれることを祈ります。

クリアスペース

PAGE TOP