2017年1月7日(土)

 

寒い時にセラーから出したばかりのワイン、特に赤ワインは酸っぱくて渋いだけ。

風呂場、台所、神棚等暖かい所に移しても理想の温度になるには3時間以上かかる。

温めるのがいいのは分かるが、何でどうするか?

皆さんご存知(特に北日本の方は)だと思いますが、以下の方法でワインが美味しくなる、

はず。

1)ワインの底と下部側面にカイロを貼る。

2)カイロの反対側にワインの温度計を付ける。

3)カイロと温度計を付けたワインをアイスレスクーラーに入れて約30分待つ。

(これは外気温10度のセラーで試した場合に20度まで上げた時の参考時間)

以上の内訳は、ワイン温度計約¥500~1500(写真の物は¥300だが欠品中)

貼るカイロ1個¥17、アイスレスクーラー¥1620~¥2160で、

一度買えば何度も使えて、毎回掛かるのは消耗品のカイロ2個分の¥34だけ。

これでワインの香り、味わいがアップし、のど越しがなめらかに飲める。

それも本来なら3時間の所が僅か30分に短縮されるのも魅力的だと思う。

もちろん10年以上寝かせたものは、事前にコルクを抜くのを忘れないこと。

注意:冷たくて、渋くて、香りの立たない赤ワインが好きな方には向きません。

 

 

クリアスペース

PAGE TOP