2016年9月3日(土)

 

飲み残しのカヴァをグラスに注いでみた。

結構、泡と共に味と香りも飛んでしまい、気の抜けたラムネになった。

 

 

こちらのグラスに同じように注いでみると、泡立ちが少なく味も香りも驚くほど

残り、某デスカウント店で¥829円で買ったとは思えない美味さを味わえる。

皆が知識としては知っていても、実際に見比べた事のない泡の変化が、

グラスの性能の違いを表しているので、味の違いも察しがつくと思う。

最初のグラスの値段は¥800で、次のグラスが¥15000。しかし、

このグラスで出されたら、1杯¥1500でも文句は出ない味になる。

¥800のグラスで19回飲んでも¥15000のグラスの味には絶対ならない。

つまらないワインを高いグラスで飲むのを勧めているのではなく、そのワインの性能を

十分引き出してから、美味い不味いを判断しても遅くはないだろう。

きちんと理論を勉強し道具を揃えれば、どの道も上達が早く、美味しい楽しみに

早く出会えると思う。

 

 

もしワインのレベルが高く、このように熟成が効いたものになると、

 

 

あまりの旨さに「朝まで飲みたい!ということになるはずだ。

クリアスペース

PAGE TOP