2016年7月26日(火)

 

ワインを飲むためにはコルクを抜かなくてはならない。でも開けるのが大変で、

特に「古いコルクは上手く抜けない」という人が大多数だろう。

 

 

普通のコルクスクリューを始めに刺したら、次に二又の物を脇から滑りこませると、

 

 

あら不思議、「回しながらだと上手く抜ける」。

 

 

飲む前日に、このようにコルクを抜いてすぐに差し戻しておく事。ただそれだけで、

古いワインが美味しく味わえるようになり、自分の歴史を語り出してくれる。

出来れば、ワインに合わせたグラスを選べばベスト。

 

 

単一品種のワインは左の形のグラス、例えばブルゴーニュやイタリア。

複数品種のワインは右の形に合わせるのが一般的だ。

 

 

しかしこのようなドイツのリースリングは、ボルドータイプが合うようだ。

グラスの相性が良いと、古臭い香りが、魅惑的な香りに変わる。

これが古酒の醍醐味だ。

クリアスペース

PAGE TOP