2015年12月26日(土)

 

「日本からわざわざ来たんだから、蔵を訪問させて?」といったら、「今忙しい」と。

それでもと頼み込んで訪問すると、忙しいはずが皆でお茶を飲んでのんびりしている。

こんなところがフランスなのかと思いつつ挨拶をすると、

「別に日本に売らなくともヨーロッパに顧客が1000軒あるからいい。」と言われ、

そんな事言わないでとゴーミヨの記事(’96年間優秀栽培者受賞記事)を見せながら

食い下がり、やっと試飲させてもらっているところへ創業者が出現。開口一番

「日本人の女性は始めて見た。可愛いからキスさせろ」と。

80歳はとうに過ぎて見える親父の言葉に女将も私も一瞬固まってしまった。

その隙に女将を抱き寄せ頬にキス。「ふざけるな、日本では絶対にありえないゾ!」

という言葉を飲みこんで我慢していると、この色男は家の親父と同い年の73歳だという。

こんないい加減で不謹慎、でもこんな洒落たことは家の親父には絶対言えない。

ワインの味よりもこの親父の歓迎にすっかり参ってしまった。

気合が入り、全てのラインンナップを仕入れた中の、お気に入りはあと2本。

この看板ワインの中身が普通のブリュットではなく、

プルミエクリュとグランクリュのブレンドだという事、

そして自分の未熟さに20年経ってやっと気づく。

あの色男のフランス親父も家の親父ももういない。

「ろれつが回らなくなっても、朝までずっと飲んでいたい」と皆が言う、

このシャンパーニュにブレンドされた色気の秘密はもう聞けない。

クリアスペース

PAGE TOP